タグ: 研修

接遇マナーを磨いて手厚い介護を!

介護職で働く場合は、利用者様やそのご家族と接する機会が大変多くなるので、しっかりとした対応で臨む必要がある。そこでポイントになるのが、接遇マナーを磨くことであり、それを身につけておけば利用者様から厚い信頼を得られるだろう。 接遇マナーを身につけるる方法として代表的なのは、外部の講師を呼んで開催する接遇研修だ。そのような研修は様々なケースを想定した内容が学べるので、きちんと受講すれば仕事に役立つはずだ。なお、研修講師は所属施設の施設長や上司が担当するケースもあるが、そのような場合は毎回研修テーマを変えて、マンネリ化させないようにすることが重要である。 研修では、講師が接遇マナーで注意すべき点や介護現場ならではの事柄を話してくれるはずだが、参加者が自発的に学習しようとする姿勢を見せることも大切だ。講師に与えられたテーマで参加者が意見を出すことや、参加者同士で利用者様役と介護士役になり、様々な状況のロールプレイングを実施したりする場合は、参加者は積極的であってほしい。 ロールプレイングでは、講師や参加者から利用者様への言葉遣いや話題の振り方などの改善点を提示されることがあるため、実際の利用者様とのやり取りに学習内容を活かすことが大切だ。これらのスキルは簡単に身につけることは難しいが、日頃から意識して利用者様に接するようにすると、ホスピタリティーに溢れた介護が実践できるようになるだろう。